介護職員初任者研修とは

 

介護職員初任者研修という言葉を聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、ホームヘルパー、介護ヘルパーという言葉を聞くと、デイサービスセンターや老人保健施設などの介護施設で働く人のことをイメージできるのではないでしょうか。

 

この介護に携わる資格で、従来のホームヘルパー2級が2013年度からは名称変更され、介護職員初任者研修という制度に移行しました。これにともない、従来の介護の資格制度が大幅に変更されています。介護職員初任者研修の資格を取得することによって、介護施設でヘルパーとして仕事をすることができます。そして、この資格を取得するには、厚生労働省が認定したスクールや養成施設において所定の研修を受講する必要があります。
ですから、独学でこの資格を取得することはできません
そこで、短期間で資格取得を目指せるスクールをご紹介します!
無料の資料を一括請求出来るので比較検討にも便利です!

 

介護職員初任者研修
スクール比較・一括資料請求はこちら

 

 

 

 

介護職員初任者研修は、介護福祉士やケアマネージャーなどの資格と比較すると、介護職の中ではもっとも初歩的な資格に位置付けられています。現在までにすでに従来のホームヘルパー2級以上の資格を取得している場合は、新たに介護職員初任者研修を受講する必要はなく、この研修を受講しているとみなされ、その課程を修了したものとみなされます。

 

 

介護職員初任者研修を受講して資格取得

 

介護職員初任者研修を受講して、資格を取得するには通学講座で学ぶ方法と通信講座で学ぶ方法があります。2013年度から資格制度が改正されたことで、通信講座による受講も認められることとなりました。自宅の近くにスクールがない方、家事や育児に追われていて、スクールに行く時間がとれない方も、通信講座を受講することによって、空いた時間に学ぶことができます。

 

 

ただし、通信講座を自宅で受講することはできても、実技については通学して介護の技能を習得する必要があります。完全に通信講座ですべてを学びとることはできません。時間にゆとりがあり、自宅の近くにスクールがあれば、やはり通学して介護の知識と技能を習得するのが理想的です。

 

介護職員初任者研修の科目と時間は、10科目を受講して合計で130時間となります。講義と演習が一体化された内容となっており、介護の基本から応用、技能をしっかりと身につけることができます。130時間の受講を修了したら、その後1時間程度の筆記試験が実施され、これに合格すると介護職員初任者研修の資格を取得することができます。

介護職員初任者研修の無料資料請求

これから介護職員初任者研修を受講する気があれば、まずはスクール選びからスタートですね。良いスクールを選ぶためには、身近にどのようなところがあるのか情報収集しておくことです。スクール探しには、インターネット上から無料資料請求しておくと良いでしょう。資料がお手元に届いたら、学校説明会や見学会などに足を運んでみると良いでしょう。そして、不明な点があれば、明確にわかるように尋ねておくことです。複数でスクールの資料を取り寄せたら、受講料や学習カリキュラム、講師陣、設備などについてじっくりと比較してみると良いでしょう。単に受講料が安ければ良いという価値観ではなく、受講生や卒業生の口コミ評価なども調べておきましょう。

 

介護・福祉業界では、介護職員初任者研修はその入り口の資格になりますので、スクール選びは慎重にじっくり検討して自分に合うところを選びたいですね。とくに近年は、高齢化社会がより深刻になり、2011年には日本国民のうち、65歳以上の高齢者が止める割合は23.3%となり、この割合が低くなることはなく、右肩上がりの傾向にあります。質の高い介護ケアが求められており、資格を取得して介護の現場で活かしていくためにも、スクール選びは重要ポイントになります。

介護職員初任者研修を受講するメリットは?

介護職員初任者研修を受講するメリットは、どのようなところにあるのでしょうか。この資格を取得するのに「デイサービスセンターや老人保健施設などの介護施設で働きたい」という人もいれば、「とくに介護施設で働くことを希望しているわけではないが、家族に介護が必要となった場合に、自分がこの資格を取得することで、実践で役に立つから」という人もいます。

 

高齢化社会がますます深刻化しているため、いつどの家庭で在宅介護になってもけっして珍しいことではありません。この資格を取得することで仕事に活かすこともできて、在宅での介護にも知識と技能を活かせるということです。

 

この資格を取得した後に、より専門性の深い介護ケアについて学ぶ人もたくさんいます。資格取得後に今すぐ仕事に活かすことはなくても、1度取得した資格はずっと残るので、いずれ何らかの形で生かすことは十分にできます。

 

この資格を取得するにあたり、とくに学歴や年齢による制限が設けられていないので、やる気がある人なら介護職員初任者研修を受講することができます。介護の現場で働く場合は、週2〜3日の勤務も可能で、ライフスタイルに見合う働き方ができるのも魅力ですね。